2010年05月21日

<普天間>官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、平野博文官房長官と北沢俊美防衛相は14日、国会内で、自衛隊基地を抱える自治体で構成する「全国市議会議長会基地協議会」会長の石川一郎・北海道千歳市議会議長らと会談した。平野氏は「普天間の危険性や(沖縄の)負担軽減の問題は、我が国全体の問題だ」と述べ、普天間飛行場の米海兵隊の訓練を、全国の自衛隊基地に分散移転することについて理解と協力を求めた。

 訓練の全国への分散移転を巡っては、27日に開かれる見通しの全国知事会で鳩山由紀夫首相が協力要請する方針。平野氏は14日の記者会見で「例えばここ、となった時にご理解いただきたいと申し上げる場になる。何機ここに行きますという話にはならない」と述べ、個別の要請はしないとの見通しを示した。

 首相は14日、国会内で関係4閣僚と協議し、5月末に政府方針を閣議了解するなど一定の結論を目指すことを確認した。これに関連し、首相は同日、首相官邸で記者団に「一番大事なことは5月末に(地元、米国、連立という)関連の方々の理解をいただくということだ」と述べた。北沢氏は14日、長野市内の会合で「5月末決着」について「大枠を決めて実行するために、米側も地元も納得できる大きな枠組みをつくりあげたい」と述べた。

 普天間飛行場の航空部隊の訓練を移転するには、滑走路やヘリパッドを持つ自衛隊施設が必要。加えて、沖縄で実施している陸上部隊と一体の訓練を行うには、陸自演習場の活用が想定される。訓練期間中に米軍を収容する隊舎施設も新たに必要になるとみられる。【仙石恭、横田愛】

【関連ニュース】
普天間移設:「改めて県外」沖縄知事、鳩山首相に要求
普天間移設:平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問
普天間移設:「5月末決着」鳩山首相また強調
民主党:沖縄の参院選統一候補断念…「普天間県内」が影響
普天間移設:「沖縄の負担全国で」…首相、理想タテに続投

内閣委員長解任決議は否決(産経新聞)
大阪・マンション2人刺殺、容疑の44歳男逮捕(読売新聞)
横浜市の待機児童が最多更新、共働き世帯増も背景に(カナロコ)
勤務医の過剰労働是正を―2団体が要望書(医療介護CBニュース)
EPAに基づく事業そのものに「懸念」−省内仕分け(医療介護CBニュース)
posted by シライ トヨコ at 23:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。